移動式汚泥処理
移動式汚泥処理

汚泥リサイクル処理

移動式汚泥処理

オデッサシステムを汚泥発生現場に持ち込んでリサイクルする「移動式処理」は、当システム最大の特長の1つです。汚泥の発生する現場にオデッサシステムを持ち込んで、その場で改良・リサイクルを行います。

オデッサ・テクノス株式会社は、オデッサシステムによる移動式産業廃棄物処分業の許可を取得しているだけではなく、現場発生する汚泥の中間処理に関しプラントレンタルも行っております。こうした事業展開の中から取引先企業との間でハード面の技術開発と併せてソフト面でのバックアップ・情報の収集と共有化も同時に推進しています。

排出事業者が自ら処理によるプラントをレンタルしての中間処理も可能です。

→移動式プラントレンタルについてはお問い合わせください

移動式処理のメリット

  • 移動式のスタンダードモデルである"OMR-G500D"は従来のプラントのイメージを一新。全長5,230mm、総重量9,000kgのコンパクトボディは、1Otトラックで容易に搬送が可能なので、運搬費や設置費用を大幅にカットすることが可能です。
  • 汚泥の発生する現場内で処理が可能なため、収集運搬費用を丸ごとカット。卜一夕ルコストにおいて高いパフォーマンスを発揮します。
  • 建築物の基礎工事や下水道工事など、市街地での小スペースの現場にも対応します。
  • わずか数十メートル範囲の中でリサイクルが可能。廃棄物を現場の外に出すことなく再利用する、まさに理想の資源循環を実現します。

移動式処理料金

脱水処理の場合 「収集運搬費1」+『中間処理(脱水処理)』+「収集運搬費2」+「最終処分費」
※尚、さらに最終埋立処分の場合、産廃税が徴収される場合があります。
オデッサシステムの場合 「収集運搬費1」+『中間処理(オデッサシステム)』→処理後の改良土はリサイクル

お問い合わせ

オデッサ・テクノス株式会社

(本社および管理本部)
〒983-0852 宮城県仙台市宮城野区榴岡2-2-11 仙台KSビル3F
TEL 022-792-7380
FAX 022-792-7383
Email info@odessa-t.co.jp

事業所

仙台工場

〒983-0034 宮城県仙台市宮城野区扇町7-4-3

仙台蒲生工場

〒983-0002 宮城県仙台市宮城野区蒲生2丁目2-24

札幌工場

〒007-0881 北海道札幌市東区北丘珠一条3-654

石狩工場

〒061-3244 北海道石狩市新港南1丁目28番26

  • 無料お見積もり

  • エコアクション21

  • エコアクション21認証・登録証 オデッサ・テクノス株式会社

  • JWnet

  • e-reverse.com

  • オデッサテクノスタイオフィスThailand office